離婚に必要な準備

離婚に向けて準備しておきたい3つ|お金・住まい・弁護士

離婚に向けて準備しておきたい3つ|お金・住まい・弁護士

離婚を意識し始めたら「どのような準備」が必要なのか、考えてみましょう。

離婚を意識し始めたら、必要な準備は3つ

まず、離婚を意識し始めたら「必要な準備」は3つあります。

離婚に必要な準備は3つ!

① 共有財産を確認しておく
② 別居の準備をする
③ 優れた弁護士を見つけておく

①〜③について、詳しく見ていくことにしましょう。

① 共有財産を確認しておく

まずは、夫婦の共有財産について確認しておきましょう。実は、婚姻期間中に得た財産は、「共有財産」とみなされます。これは、片方(夫など)が稼いだお金でも同じです。離婚時には、すべて二人で財産を分ける(=財産分与)必要があるので、共有財産や財産分与について細かく話し合う必要があります。

財産分与は「金銭問題を解決する」機会となります。どちらかが専業主婦(夫)であったとしても、原則2分の1ずつ精算するのが一般的です。こうした考えを法律では「生産的財産分与」と呼んでいます。

ただ「お互い半分ずつ」というのは原則であり、一方がギャンブルで多額の借金を背負った場合は、債務者の側に「分与比率を多くする」などの例外があります。こういった例外に当てはまる場合は、夫婦で話し合い「分与の割合」を決めてください。

マイナスの資産も、財産分与に含まれる

不動産や株券、マイカーなどの「プラスの資産」だけでなく、今抱えているローンや債務なども財産の中に含まれます。ただし、結婚前に築いた財産については対象外となります。夫婦の財産がいくらあるのか、現金や預貯金だけで無く、保険や不動産、ローンや借金なども詳しくチェックしておきましょう。

※ 共有財産と、その他の財産については、本記事の後半で詳しく解説します。

【補足】夫婦が共働きで、家計が別々の場合

夫婦がそれぞれ働いているほか、自営業などで報酬を得ており「家計が別々」という場合は、財産分与が発生しないケースもあります。財産分与について分からないことは、離婚問題や財産分与の問題に強い、専門の弁護士に相談しましょう。

② 別居の準備をする

離婚の話し合いが難航しそうな場合、別居を行うのも一つの方法です。別居によって、夫婦の破綻が証明できれば「離婚手続きを進める」上で有利に働きます。別居する場合は、以下の流れで準備を進めてみてください。

別居の準備と全体の流れ

項目 詳細
① お金の準備をする 別居中に必要なお金を準備しましょう。家を借りる場合は、引っ越し代に加え、礼金・敷金のほか、月々の家賃、光熱費が必要です。また、毎月の食費や交際費、通信費、衣服費なども計算しておきます。
② 必要なモノを持ち出す 別居をする際には、自分名義の印鑑と実印、通帳、キャッシュカード、保険証、パスポート、運転免許証のほか、夫婦の貯金通帳と不動産権利書のコピーを準備しておきます。
③ 子どもの住む場所を考える 子どもがいる夫婦は、どちらが一緒に暮らすか決めておく必要があります。

①〜③の準備ができたら、一方的に別居をしても構いません。特に、話し合いがまとまらない場合は「冷静に話し合うため」別居という手段が有効になります。

ただし、無職で仕事が見つからない場合や、金銭的問題を抱えている、親権が決着しそうにない等の場合は、別居をするのが難しいかもしれません。この場合は実家に帰るか、家庭内別居で問題を解決するなど、他の方法で、離婚手続きを進めるようにします。

③ 優れた弁護士を見つけておく

『裁判をする・しない』に関係なく、優れた弁護士を見つけるのは(離婚において)必要なことです。なぜなら、離婚では財産分与や子どもの親権、慰謝料請求など、複雑な手続きや話し合いが必要だからです。夫婦だけで話し合いを行い、離婚される方も多いのですが、きちんと取り決めをしていない家庭は(離婚後)お金や家族のことで、揉める確率が高くなります…。

配偶者とトラブルにならないためにも、できる限り弁護士に依頼し、離婚後の生活やお金の問題をスッキリ解決しておきましょう。話し合いの内容を「公正証書」に残しておけば、離婚後も揉めること無く手続きが行えます。なお、公正証書の役割や重要性については、以下の記事を参考にしてください。

お金の問題は、早期解決したい

財産分与で話合いを進める際には、取り決めた内容を公正証書(※ 前項を参照のこと)にまとめておきましょう。

共有財産と特有財産の違い

記事の前半でも取り上げた「共有財産」とは、夫婦で築いた財産を指します。これに対し、例外的に共有財産から除外され、個人の財産として認められるものに「特有財産」があります。以下に、特有財産の一覧をまとめてみました。

別居の準備と全体の流れ

項目 詳細
① 独身時代に築いた財産 ・ 現金、預貯金
・ 株、債券
・ 不動産
・ 自動車
・ 家電、家具
・ 年金
・ 退職金
・ 生命保険、損害保険
・ 借金
② 相続した財産 ・ 現金、預貯金
・ 株、債券
・ 不動産
・ 自動車
・ 骨董品、美術品
・ 借金
③ 個人で築いた財産 ・ 結婚前(独身時)に得た、投資の配当金
・ 結婚前(独身時)につくった借金
④ 自分専用の家財や消耗品 ・ 自分が使っている服飾品
・ 個人の携帯、スマートフォン
・ 日常的に使用する消耗品(洋服や靴も含む)

これらの財産は、特有財産として見なされます。ただし、消耗品の中でも「売って財産になる」ような高額の時計、ブランド物の衣類などは、一部財産分与の対象となるので注意しましょう(※ 区分が難しい場合は、弁護士に相談のこと)。

弁護士は、どこで探すべきか?

良い弁護士の見つけ方については、以下の記事で詳しく解説しています。また、口コミの高い「全国の弁護士」を比較、検索するページもあります。弁護士探しでお困りの方は、以下のページを参考にしてみてください。

まとめ|離婚準備は、早めに取り掛かろう!

ここまで説明した通り、離婚の準備は一歩ずつ、着実に進める必要があります。円満解決を目指すためにも、できるだけ早めに「信頼できる弁護士」を探しておいてください。スタートが早ければ早いほど、冷静に「離婚の手続き」が進められます。

「離婚に必要な準備」記事一覧