MENU

不倫相手と別れたいのに別れられない5つの原因|スパッと別れるには?

不倫相手と別れたいのに別れられない5つの原因|スパッと別れるには?

一時期は気持ちが盛り上がって楽しい時間を過ごした恋も、それが不倫の関係となるとどこかで後ろめたい気持ちを感じるものです。

泥沼になる前に不倫相手と別れたいと思っても、相手が承知しないということはよくあります。このままでは自分だけでなく家族を巻き込んで不幸になるかも知れません。

このページでは不倫相手と別れたいのに別れられない原因やきれいに別れるための対策をご紹介します。

不倫相手と別れたいのに別れられない5つの原因

不倫相手と別れられない原因はいろいろ考えられます。よくある例をご紹介します。

  1. スリルや刺激が快感になって止められない
  2. 孤独感が埋められるから
  3. 身体(性)の相性がいい
  4. 配偶者にはない魅力を感じている
  5. どちらかが金銭的な援助を受けている

スリルや刺激が快感になって止められない

不倫はいけないことだとわかっていても、配偶者や世間にバレないように密会を重ねる関係にスリルを感じるという人が多くいます。また、毎日顔を合わせる配偶者との生活はマンネリ化していて刺激を感じないという人でも、不倫相手と会う時間はドキドキして刺激的に思えます。

そういったドキドキ感や刺激、スリルが快感になって不倫関係をやめられなくなってしまいます。

孤独感が埋められる

不倫関係になる人は、男女を問わずさびしさを抱えていることが多いようです。不倫相手とは身体の関係が中心だとしても、一緒にいると孤独感が埋められるためにいつまでも関係を続けてしまいます。

特に周囲の友達や同僚が結婚している場合は、自分ひとりが取り残されたような気がして不倫に陥りがちです。結婚していても、家庭内で居場所がなく孤独を感じる場合は、不倫相手を求めることがあります。

身体(性)の相性がいい

配偶者と身体(いわゆる性行為)の相性が悪いという夫婦は、実は結構多くいます。離婚するほど思い詰めてはいなくても、配偶者との性行為は満足できない人が別の異性と関係を持ってしまい、そのまま不倫関係になってしまいます。

しかも、身体の相性や性の好みが近いと一緒に過ごす時間が楽しくなり、なかなか別れることができません。

配偶者にはない魅力を感じている

「若いころの勢いで結婚した」「世間体や相手の条件(家柄や出身校、勤め先など)を気にして、心の底から好きではない相手と結婚してしまった」という夫婦の場合、結婚後に相手に対して魅力を感じなくなってしまいます。

そんなときに感覚や価値観が近い異性と出会うと、不倫関係に陥りがちです。

また、「配偶者は自分の仕事の大変さを理解してくれないが、職場の〇〇さんは自分のことを理解し、いたわってくれる」ということがあると、自分の理解者と深い関係になる場合があります。

どちらかが金銭的な援助を受けている

男性または女性のどちらかが不倫相手から金銭的な援助を受けている場合は、なかなか別れようとしません。

「金の切れ目が縁の切れ目」と言うように、金銭的な援助を断ち切らない限り別れることは難しいでしょう。

不倫相手とスパッと別れる方法

このように別れられない原因はいろいろありますが、いつまでも不倫関係を続けていても幸せな未来は得られないでしょう。

配偶者と別れて不倫相手と一緒になるにしても、家族につらい思いをさせてしまいます。みんなが幸せな人生を歩むには、不倫相手とスパッと別れることが重要です。

そのための方法をいくつかご紹介します。

  • 相手にきっぱり別れを告げる
  • 相手の連絡先を削除する
  • 相手のSNSをブロックする
  • 相手から連絡が来ても対応しない
  • 仕事や夢中になる趣味に没頭する
  • 家族との時間を増やす(既婚者の場合)
  • 独身の異性との出会いを増やす(独身の場合)

では、ひとつずつご説明していきます。

相手にきっぱり別れを告げる

まず、相手にきっぱりと別れを告げましょう。あいまいな態度を取っていると相手は「また会ってくれる」と期待してしまいます。

「もうこんな関係はやめようと思っている」「こちらからは連絡はしないから、君(あなた)からも連絡しないでほしい」「今までありがとう」ときちんと伝えることが大切です。

相手があなたへの思いが強い場合はかわいそうでも「君との関係は終わりにしたい」「連絡が来るのは迷惑だからやめてほしい」と、ちょっと強めに突き放すように伝えるといいでしょう。少しでも好意があるそぶりを見せると、関係を戻そうとするので気をつけてください。

相手の連絡先を削除する

スマホやパソコンに相手の電話番号やメールアドレスがあると、つい着信がないか見てしまいます。
ふとした瞬間に自分から連絡することがあるかも知れません。

「別れる」と決めたら、相手の連絡先は全部削除してしまいましょう。

相手のSNSをブロックする

相手のSNSをフォローしている場合も同じです。相手の投稿が見えると何をしているのか気になってしまいます。相手もあなたの様子を、SNSを通じて探ろうとするでしょう。

思い切って相手のアカウントをブロックしておきましょう。この機会にSNS依存から脱却するのもいい方法です。

SNSを見ないようにすると最初はさびしく感じますが、次第に慣れてきます。こうやって相手との距離を取るようにしましょう。

相手から連絡が来ても対応しない

相手があなたに未練がある場合は、何らかの方法で連絡をしてすることがあります。そんなときに備えて連絡先の削除やブロックをしておくといいのですが、手紙を送ったり、職場に来られたりすると困ります。

そうなる前に、きっぱりと別れを告げることが大切です。また、連絡が来ても対応しないようにしましょう。

仕事や夢中になる趣味に没頭する

別れようと思ってもつい相手のことを考えてしまうということがあるかと思います。

そんなときは、仕事に没頭してみましょう。わざと大変な仕事を引き受けたり、資格取得にチャレンジしたり。不倫相手のことを考えるヒマがないほど忙しくすることがポイントです。

新しい趣味を見つけるのもいい方法です。とにかく不倫相手を忘れるほどに夢中になれるものを探してみましょう。

家族との時間を増やす(既婚者の場合)

既婚者が不倫していた場合は、今まで家族の時間が少なかったのではないでしょうか。

別れをきっかけに、家族との時間を増やしてみましょう。最初は「急にどうしたの?」と言われるかも知れませんが気にしなくて大丈夫です。戸惑いと同時に喜びも感じてくれるはずです。

今までに感じたことがないような楽しい生活が過ごせますよ。

独身の異性との出会いを増やす(独身の場合)

独身者が不倫関係を続けていても、プラスになることはありません。相手と結ばれない上に相手の配偶者から訴えられて慰謝料請求される可能性があります。

それでも離婚して自分と一緒になってくれるのを待っていると、自分自身がどんどん年を取ってしまいます。

婚期を逃す前に不倫相手とは別れて、独身の異性との出会いを増やすようにしましょう。

不倫相手と別れられない~まとめ

不倫相手と別れられずに、ズルズルと関係を続けるという人は多くいます。しかし、関係を続けてもお互いに幸せを得られることはなく、家族も不幸にしてしまいます。

きっぱりと別れるには「別れる」という強い意思を持ち、相手にもそのことを伝えて連絡を絶つことが大切です。その上で仕事や趣味に打ち込んだり、家族との時間を増やしたりして不倫相手のことを忘れるようにしましょう。

「離婚に必要な準備」記事一覧