MENU

浮気(不倫)の慰謝料で1000万は獲得可能?請求された場合の対処法は?

浮気(不倫)の慰謝料で1000万は獲得可能?請求された場合の対処法は?

このページでは浮気(不倫)の慰謝料として1000万円の請求が可能かどうかや、実際に高額慰謝料が認められた判例、逆に1000万円の慰謝料を請求された場合の対処法について解説します。

1000万もの浮気(不倫)慰謝料を請求された場合の減額方法も紹介していますので、参考にして下さい。

浮気(不倫)の慰謝料で1000万円は獲得可能?

浮気(不倫)の慰謝料の相場は50万円~300万円と言われています。状況にもよりますが、裁判では100万円~300万円という判決が多いようです。

相当高額が認められるケースでも500万円程度です。そのため、1000万円は相場から見るとかなり高く、獲得するのは困難と言えます。

実査に浮気(不倫)の慰謝料で1000万円が支払われた判例

浮気(不倫)の慰謝料で1000万円を請求しても認められる可能性は低いですが、過去の判例をみると実際に支払われたケースもあります。

いくつか事例をご紹介しましょう。

夫の収入が高いケース

会社経営者の夫は妻があるにも関わらず愛人を作り、自宅に戻らないこともありました。たまりかねた妻は離婚を決意し、夫に慰謝料として1000万円を請求しました。

夫には収入があり1000万円の支払いが可能だったこと、自分の不倫に対してヒステリックになる妻と結婚生活を続けることに苦痛を感じたことなどから、協議離婚で1000万円支払うことで合意しました。

1000万円を払うから不倫を内密にしてほしいと言ったケース

会社員の夫は職場の既婚女性に手を出し不倫関係になっていました。

ただ、夫は出世欲も強く、不祥事が会社にバレるのを恐れていました。女性の夫にも知られたくないということで、妻に1000万円の慰謝料を払うから会社にも女性の夫にも内密にしてほしいと頼み込みます。

妻は裁判を起こすと費用がかかるため、夫の言い分を聞いて1000万円を受け取り離婚しました。

裁判で1000万円の支払いが命じられたケースは少ない

上記のケースはどちらも協議によって1000万円の支払いに合意したケースですが、裁判を起こして1000万円の支払いが命じられたケースはほとんどありません。

どうしても1000万円がほしい場合は、慰謝料として相場の300万円を請求し財産分与で家や車など高額なものを獲得するように持っていくのが得策です。

不倫(浮気)の慰謝料の相場についてはこちらで詳しくご説明しています。

不倫(浮気)の慰謝料で1000万円を請求されたときの対処法

次に不倫(浮気)の慰謝料で1000万円を請求されたときの対処法についてご説明していきます。

不倫(浮気)の慰謝料はケースバイケースで異なりますが、それにしても1000万円という請求は高すぎます。そのときは次の方法をやってみましょう。

  • 減額を申し出る
  • 分割払いを申し出る
  • 財産分与で相手の取り分を多くする

では、ひとつずつ詳しく見ていきます。

減額を申し出る

相手も1000万円は高いと思いつつあえて高い金額を請求しているということがあります。わざと高い金額をふっかけて少しでも多く獲得できれば儲けもの……と考えている可能性があるのです。

そのため、こちらも素直に請求に応じるのではなく、「1000万円は無理だが300万円なら支払える」と減額を申し出てみましょう。

分割払いを申し出る

減額と同時に分割払いを申し出るのもいい方法です。

「1000万円は無理だが、自分の給料で〇年で300万円を分割で支払う」と提案すると、相手は「分割にすると途中で支払いが途切れるかも知れない」と不安になってしまいます。

そこで、「〇〇万円を一括で支払ってほしい」と妥協案を出してくる可能性があります。お互いに足元を見る感じになりますが、こういった交渉は難しいので弁護士と相談しながら進めましょう。

財産分与で相手の取り分を多くする

土地や住宅、自動車などの財産がある場合は、慰謝料の代わりに財産分与で相手の取り分を多く分けるという方法があります。

例えば、現金は100万円しかないが、土地と住宅には800万円の資産価値があるので土地と家を財産分与として渡すと提案するのです。

財産分与には慰謝料的な要素もあるので、交渉してみましょう。

財産分与についてはこちらの記事が参考になります。

自分で交渉するより弁護士に任せる方が安心

不倫(浮気)が原因の離婚に際して相手が1000万円という高額を請求する背景には、「怒りがおさまらない」ということもありますが、弁護士がついていて「強気で出ましょう」と背中を押している可能性があります。

1000万円を獲得するのは無理だとわかっていても、多めに請求して少しでも高く取れれば得だという考え方があるのかも知れません。

それに対応するには、こちらも弁護士に依頼して作戦を練って取り組みましょう。

浮気(不倫)慰謝料で1000万のまとめ

不倫(浮気)の慰謝料の相場は50万円~300万円で、1000万円はかなり高額です。そのため、裁判ではほとんど認められていません。

もし1000万円の慰謝料を請求されたら、減額や分割での支払いを提案してみましょう。また、土地や住宅などの資産があれば財産分与として相手に多く渡す方法もあります。

ひとりで悩まずに弁護士に依頼して、対策を考えるのが重要です。

「離婚とお金の問題」記事一覧