MENU

浮気(不倫)で慰謝料800万!?実際の判例や請求された時の対処法も紹介

浮気(不倫)で慰謝料800万!?実際の判例や請求された時の対処法も紹介

一般的に浮気(不倫)の慰謝料は200万~300万円が相場で、高くても500万円までと言われています。しかし、中には「怒りが収まらない」として800万円請求してそれが認められたケースもあります。

そこで当記事では実際に浮気(不倫)慰謝料として800万円請求された判例や、高額請求されたときの対処法をご紹介します。

実際に浮気(不倫)の慰謝料で800万円が認められた判例

浮気_慰謝料_800万_判例

あまり多くはありませんが、不倫の慰謝料として800万円が認められたケースがあるので判例をご紹介します。

悪質かつ長期にわたる不倫で800万円の支払い命令

A男は妻(Y子)がありながら離婚届を偽造し、不倫相手だったC子と結婚。A男の妻はその事実を知らず、17年間という長期にわたって母子家庭同然の状態でした。

しかもその期間は生活費を入れないなど悪質だったため、Y子は訴訟を起こし、2000万円の慰謝料を請求しました。

その結果、裁判では2000万の慰謝料こそ支払われませんでしたが、A男とC子に対して相場を大きく超える800万円の支払いを命じる判決を下しました。

これは悪質な要件がそろっていたケースですが、実際にあった判例です。

800万円の慰謝料請求が減額されたケース

一方、高額な慰謝料を請求されたものの減額されたという事例もあります。

主婦で払えないため減額

パート主婦だったM美さんは夫以外の男性と不倫関係を続けていました。そのことを知った夫は激怒して裁判を起こし、M美さんに対して800万円の慰謝料を請求します。

しかし、パート主婦の身で800万円もの慰謝料はとても支払えないと弁護士に相談し、減額を申し出ました。

夫はなかなか応じようとしませんでしたが、「今すぐに100万円なら支払える」ということと、今後3回にわたって100万円ずつを支払うということで合計400万円の支払いで合意を得ました。

相場より高額請求だったため減額

会社員のS男は職場の独身OL(K子)と不倫関係になり、K子は妊娠・出産しました。そのことを知ったS男の妻・Rは離婚を決意、慰謝料として夫に800万円を請求します。

S男が弁護士に相談したところ、相手女性を妊娠させたとしても800万円という慰謝料は相場よりも高すぎると言われ、弁護士の協力も得て400万円の減額に成功しました。

浮気(不倫)の慰謝料で800万円は高すぎる?

このように800万円の慰謝料の支払いが命じられることはまれで、実際には「800万円は高すぎる」「相場よりかけ離れている」と判断されるケースがほとんどです。

浮気(不倫)の慰謝料データ

ある弁護士事務所が調査したところ、浮気(不倫)の慰謝料の金額は次のデータのようになっています。

  • 100万円以下……86件(26.9%)
  • 100万円~200万円以下……81件(25.3%)
  • 200万円~300万円以下……79件(24.7%)
  • 300万円~400万円以下……30件(9.4%)
  • 400万円~500万円以下……26件(8.1%)

なお、1000万円を超えるケースが数件ありましたが、これは慰謝料以外の損害賠償も含まれるため、データからは省いています。

これを見てもわかる通り、慰謝料として500万円を超えるケースはほとんどなく、多くは300万円以下になっています。

浮気(不倫)の慰謝料で800万円を請求されたときの対策

もしあなたが配偶者から浮気(不倫)の慰謝料として800万円を請求されたらどうすればいいでしょうか?その方法をご紹介します。

「相場と比較して高すぎる」と拒否する!

相手が800万円もの慰謝料を請求している背景には、あなたに対する相当な怒りがあるか、もしくは慰謝料の相場を知らない可能性があります。

いずれにしても浮気(不倫)の慰謝料としては高すぎるので、そのことを主張し支払いを拒否しましょう。

ただし、相手が確たる証拠を押さえている場合は「0円」にはできないので、減額を申し出るのが得策です。

裁判になっても勝てる可能性がある

上でも書いたように800万円の慰謝料支払いの判例はほとんどないため、裁判で認められる可能性は低いと言えます。

もし高額慰謝料が認められるとすれば、それは相当悪質な場合でしょう。

例えば、不倫期間が長い、回数が多い、相手との間に子どもがいる(妊娠している)、不倫相手と同居し家に帰って来ないなどです。その場合でも500万円を超えることはほとんどありません。

また、不倫をした時点ですでに夫婦関係が破たんしていたら慰謝料請求はできないので、それを証明するのもひとつの方法です。

慰謝料請求に強い弁護士に相談を

相手が高額な慰謝料を請求するのは、相当な怒りを感じている、確実な証拠を握っている…などの可能性があります。

減額交渉をするにしても、不倫時にすでに夫婦関係が破たんしていたと主張するにしても、自分ひとりで裁判を進めるのはかなり困難です。

離婚、慰謝料に強い弁護士に相談して少しでもよい方向に進めていきましょう。

浮気(不倫)の慰謝料で800万まとめ

既婚者が配偶者以外の異性と不倫(不貞関係)になった場合、慰謝料の請求ができます。ただし、慰謝料の相場は50万円~300万円が多く、ほとんどの場合が500万円以下です。

800万円という請求は高すぎるので、証拠がなければ拒否することができます。証拠がある場合でも減額を申し出ることで支払い額を減らすことができます。

いずれにしても自分ひとりで交渉するのは難しいので、離婚や慰謝料問題に詳しい弁護士に相談してみましょう。

「離婚とお金の問題」記事一覧