MENU

浮気(不倫)の離婚慰謝料で2000万獲得可能?請求された時の対処法は?

浮気(不倫)の離婚慰謝料で2000万獲得可能?請求された時の対処法は?

浮気(不倫)で離婚する場合、配偶者に裏切られたという精神的苦痛を考えると何千万円もらっても気持ちが収まらないと思います。

そこでこのページでは浮気(不倫)で離婚した際の慰謝料として、2000万円は請求できるのか。自分が2000万の慰謝料を請求されたときはどうすればいいのか詳しく解説します。

浮気(不倫)の離婚慰謝料で2000万円はほぼあり得ない

浮気_慰謝料_2000万_ほぼあり得ない

テレビで芸能人が浮気(不倫)、離婚に至った場合に慰謝料が高額だったという報道を見た人がいるかも知れません。

数千万円、さらには億という単位のお金を受け取ったというニュースは年に1度は目にしますよね。

しかし、それは単純な慰謝料でなく豪邸や高級車といった、芸能人や経営者が持つ資産を財産分与として分けた金額も含まれているケースが多いです。

一般的に浮気(不倫)の慰謝料は50万円~300万円が相場です。相手が悪質だったなどで高額な場合は800万円の支払い命令が出たケースもありますが、それは日本の歴史を見てもかなりまれな事例です。

そのため、2000万という大金を慰謝料のみで請求するのは結婚相手がよほどの富豪や経営者でもない限り厳しいと考えておきましょう。

浮気(不倫)の慰謝料2000万円は無理でも少しでも高く取る方法は?

以上のことから、現実的に浮気(不倫)の慰謝料として2000万円を請求するのは無理ですが、少しでも高く獲得する方法を紹介します。

まず知るべき!浮気(不倫)の慰謝料が高くなるケース

浮気(不倫)が原因で離婚に至った場合、次のケースでは慰謝料が高くなる傾向にあります。

  • 不倫している期間が長い
  • 不倫の回数が多い
  • 婚姻期間が長い
  • 子どもが小さい
  • 不倫相手が妊娠・出産した
  • 慰謝料請求される側の年齢や社会的地位、収入が高い
  • 反省の様子が見られない
  • 相手と別れようとしない

一般に不倫に限らず、配偶者の年収や社会的地位が高いと慰謝料は高くなる傾向にあります。

また、相手が妊娠している、反省していないなど悪質な場合も強気で請求できますが、証拠が必要です。

慰謝料を多く獲得するコツ

上記を踏まえて浮気(不倫)での離婚で少しでも多く慰謝料を請求するコツを紹介します。

  • 無理と思っても高めに請求する
  • 浮気(不倫)の悪質度(期間が長い、相手が妊娠したなど)を証明する
  • 自分が傷ついたことを証明する(心療内科の診断書など)
  • 離婚することで子どもが心身の影響を受けたとアピールする
  • 弁護士に相談していることを伝える

それぞれを詳しくご説明します。

無理と思っても高めに請求する

2000万円は無理だとわかっていても、最初は高めの金額で請求しましょう。相手が「悪かった」と思って、素直に応じてくれる可能性があります。

もし支払いが無理な場合、相手は減額交渉を申し出てくるでしょう。そのときには、「1500万円ならOK」とやや金額を下げて応じてみます。

それでも相手が無理と言ったら、「じゃあ1000万円ならOK」と少しずつ減額して交渉し、最終的には世間の相場よりも高い金額で話がまとまるように持っていきましょう。

浮気(不倫)の悪質度を証明する

1回だけの浮気(不倫)の場合は、単なる遊びや酔った勢いなどが考えられるため慰謝料は高く請求できません。

しかし、不倫の行為が何度も何年にもわたる場合や相手が妊娠している場合などは、それを証明することで高く請求できます。

また、不倫相手の家に住み続けたり、自分の家に不倫相手を連れ込んだり……といった場合も慰謝料を高く請求できます。

その場合には、それを証明する証拠が必要になります。探偵に依頼するなどして有効な証拠を押さえるようにしましょう。

探偵への依頼はっ、探偵業法に則って運営されている安全な事務所を検索できる、「探偵広場」のような探偵ポータルサイトを利用することをオススメします。

参考;探偵広場

自分が傷ついたことを証明する

配偶者の浮気(不倫)によってうつ病や不眠症になり、治療を受けている、仕事ができなくなったなどはよくあります。

その際には医師を受診し、診断書を発行してもらいましょう。また、心身に不調を来したときのことを日記に記すなど記録を取っておきます。

これらは証拠となり、治療費や損害賠償の分も含めて多く請求することができます。

離婚による子どもへの影響をアピールする

配偶者の浮気(不倫)が原因で離婚することになり、そのせいで子どもが不安定になった。

離婚による転校を嫌がり不登校になった…などの影響が出た場合は、それを理由に慰謝料を高く請求できます。

弁護士に相談していることを伝える

弁護士に相談・依頼しているということは、こちらの本気度が伝わると同時に、相手に「これは言い逃れができない」と観念させる効果があります。

慰謝料請求の書類送付や話し合いの連絡などは弁護士を通じて進めていきましょう。それだけでも相手に精神的な圧力を与えることができます。

ただし、脅迫にならないように気をつけることが大切です。進め方は弁護士がアドバイスしてくれるので、安心して相談してみてください。

悪質な浮気(不倫)で2000万に近い慰謝料を獲得した判例

浮気_慰謝料_2000万_判例

浮気癖がある男性Mは結婚後も複数の相手と関係を持っていました。しかし、ある日不倫相手を自宅に連れ込んで性行為に及んでいた場面を妻・Y子さんに目撃されました。

前々から夫の行動が怪しいと思っていたY子さんは探偵に調査を依頼し、ホテルに出入りする写真や動画を撮影。さらに自宅での不貞行為も動画に収め、証拠として提出したのです。

その後Y子さんは慰謝料として3000万円を請求しましたが、裁判ではMに対して1000万円の慰謝料の支払いを命じました。

請求額よりも大幅な減額になりましたが、世間の相場よりははるかに高い金額を獲得することができました。

これは不倫行為が悪質であったこと、また、証拠があることなどから相場より高い慰謝料が認められたケースだと言えます。

浮気(不倫)の離婚慰謝料として2000万円請求されたときの対策

次は逆に2000万円の慰謝料を請求された場合の対策をご紹介します。

ここまででご説明してきた通り、浮気(不倫)をしたことは悪いとは言っても、2000万円もの慰謝料は世間の相場から考えても高すぎます。

その際の対策として、次の2つの方法があります。

  • 減額を申し出る
  • 分割払いを申し出る

不倫の慰謝料が支払えない場合の対処法は、こちらの記事でくわしくご説明しているので、ぜひご覧ください。

減額は弁護士に相談するのが確実

2000万円もの慰謝料を請求されても、現実には世間の相場とかけ離れているため減額の交渉が可能です。

ただ、相手が浮気(不倫)での離婚慰謝料として2000万円も請求してくるというのは、相当怒りを感じている、また確実な証拠を握っていると考えられます。

また、浮気が冤罪でなく事実なのであれば、減額はできても支払いそのものをなかったことにするのは、日本の法律や過去の事例を鑑みてもほぼ不可能です。

そんな状況で一人で立ち向かっても減額をすることすら困難です。

弁護士に相談することで減額交渉がスムーズにできるので、一人で悩まずに相談してみましょう。

弁護士に相談して慰謝料の減額に成功した事例

会社員のK男は5年にわたって部下の女性と不倫を続けていました。耐えきれなくなった妻のA美は離婚を決意し、慰謝料として1200万円を請求します。

K男は自分が悪いことは認めたものの1200万円はとても支払えないと思い、弁護士に相談しました。

弁護士が話を聞いたところ、不倫行為に走ったのは妻のA美との会話が少なくK男がさびしさを感じたことが一因であると判断します。

その結果、裁判ではK男の浮気の原因の一部は妻の態度も関係していることを訴え、1200万円の請求に対して300万円の減額に成功しました。

自分では「無理だ」と思えるような事例でも、相談することで大幅な減額に成功したケースは多いので、あきらめないで弁護士と相談してみましょう。

浮気(不倫)による離婚慰謝料で2000万円まとめ

配偶者の浮気(不倫)は許されることではなく、それによって離婚になった場合は慰謝料が請求できます。

ただ、浮気(不倫)での離婚の慰謝料の相場は50万円~300万円で、高くても500万円までとなっています。そのため、2000万円の慰謝料を請求しても認められる可能性は低いです。

一方、2000万円もの慰謝料を請求された際には世間の相場よりも高すぎることを主張し、減額交渉をしてみましょう。

いずれにしても慰謝料問題は法律的な専門知識が必要です。弁護士に相談しながら進めていきましょう。

「離婚とお金の問題」記事一覧